FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

聖書

連合: ノアの水
2015-11-08 19:55:07NEW !
テーマ:Aチーム担当
Q.

ノアの洪水の水は、何故、発生したのでしょうか?

大雨が降ったから?
月の水が落ちたから?

教えてください、、、。

A.
ノアが済む地球の裏側の海で 隕石が衝突したのが主な理由です

別に水が増えたわけではありません

一気に蒸発した海水が雲として地球を覆い、雨が降りつづけたのです

もし増えたなら海面の高さが戻ることはないのです

また、これほど短時間で海の塩分濃度が濃くなることもあり得ません

この隕石はインディアンが口伝で語り継いでいます


★A.神と聖書
2014-09-04 16:18:40
テーマ:ブログ
Q.
「アダムとイブ」の失楽園のの物語について。
 
■「ラケルタ・ファイル」・・・・あるレプティリアン女性との対話
http://quasimoto.exblog.jp/11729931/
によると、
 
>あなた方のキリスト教の教えは、あなた方の創造に関する我々の役目を誤解しているため、我々は「邪悪な蛇」としてあなた方の書物には描かれている。これは間違っている。あなた方の種は、異星人による遺伝子工学の産物であり、多かれ少なかれ我々はこの加速的進化の過程においては、消極的な訪問者であった。
>
>人間の創造は人工のものであり、遺伝子工学によって為された。しかし、それは我々ではなく異星人の種によるものだった。
 
とレプティリアン自身が説明しています。
 
従って、ヒューマノイド型地球人類のある種族は、は虫類型レプティリアン以外の異星人の種族の遺伝子操作によって、進化が促進されたのではありませんか?

A.
進化の促進?
いいえ、進化を停滞させるための遺伝子操作です
 

Q.
■それとは別に、地球人類には、地球創造神のワンネスとなるグループの人間たちが存在するのではありませんか?

「ヒマラヤ聖者の生活探究」の中で、エミール師が土人形に生命の息を吹きかけて、小さな人型生命体を創り、行動させた後、再び生命の息を引き取って、土人形に戻しましたが、
エミール師は、こうして人間を創造した者たちは生命の息を引き取ることをしなかったのでこの人間たちは地上を彷徨うことになった旨が記述されています。

A.
ワンネスは違います。少なくとも違うと認識しています
ヒマラヤの聖者が何をしようが関係ありません。
ワンネスを語るならこれは次元が違うものだと認識してください

 
■それとは別に、天界から落下してきたグループの人類がいることを、釈迦牟尼が解説していて、原始仏典に記述されています。

A.
・・・

Q.
■さて、「アダムとイブの失楽園物語」の件ですが、

『神 真理を告げ給う』(教文社)(137頁~)によれば、神様はこのようにおっしゃっています。

『創世記』に描かれたる「楽園追放」は象徴的神話というより寓話であって、本当は決して「神」が人間を楽園から追放することはないのである。

『わたし』は「愛」そのものであるから、未だかつて人間に神罰など与えたことはない。
旧約聖書の諸処にエホバ神が憤りによって人間たちに艱難を与えたように書かれているところがあるけれども、そのような「預言の書」に出てくるエホバ神は決して『わたし』ではない。
旧約聖書の諸方に出てくるエホバ神は「宇宙を貫く「心の法則」」を擬人化して預言者がそれを感じて表現したものである。
『わたし』は「愛の神」であって、決して「神罰の神」ではない。このことをあなたたちは明記すべきである。

蛇にだまされて、「知識の樹の実」を食したというのは、
土(物質)に匍匐して生活する「蛇の知恵」すなわち唯物論的世界観及び唯物論的人間観を心に食したということである。

それを心に食したときに、アダムとイブとは自分自身が光明燦然と光を放つ霊的存在であるという自覚が消えて、後光も何も放たない物質的肉体が自分自身であることを知り、その裸なる肉体の露出が恥ずかしくなってイチジクの樹の葉を綴って肉体を覆ったのである。

「エホバ神」がアダムとイブとを楽園から追放した──という寓話は、
「心の法則」に従ってアダムとイブとは楽園の実相界にいながらそのまま、実相の妙楽完全の光景が見えないで、彼らの前から楽園は姿を消したという意味である。

自己を神通自在の霊的実在と見る自覚を失って、自己を物質に過ぎない肉塊として見たときに、彼らは「エホバ神」すなわち「心の法則」に従って、本来の自由自在性を失ったのである。

霊的自由自在性を失ったアダムとイブとは物質的環境の中に放り出された。
そしてイチジクの樹の葉で覆って自分の実相を隠してしまったのである。
そこから彼らの悲惨な「死すべき人生」と「苦しむべき人生」とが始まるのである。

『創世記』の第1章に、
「神 そのかたちの如くに人を創り給えり。即ち神のかたちの如くにこれを創り、これを男と女に創り給えり・・・・神 その造りたるすべてのものを見給いけるに甚だ善かりき」と説かれているところに、・・・・・・・・ すべての人間はみな荘厳なる「神の子」の実相の花を開かす時が来るのである。

あなた達よ、恐れず、憂えず、悲しまずに進み行け、
必ず神の御業があらわれる。
その神の御業は、あなた達の実相の中に既にあるのである。

あなた達が日本人であるならば、あなた達は既に古代から、日本人は自分自身の命を「命(みこと)」とよんでいたではないか。
泥中にあっても蓮華はすでに咲いているのである。

∞⇔∞⇔∞⇔∞∞⇔∞⇔∞⇔∞⇔∞⇔∞⇔∞
 
わたしには、この神さま(たぶん、地球創造神さん=非人格神さん なのかもしれませんが)の言葉のほうが、信憑性が高いように感じますが、
いかがでしょうか?

ありがとうございます。
  みんなが神の子:神の子クリシュナ☆(*^-^*)☆

A.
???
いや、信じていいと思います
こちらからゴリ押しは致しません
信ぴょう性とは自分の生きてきたすべての分析から起きるのでしょうから、それがあなたの人生なら我々に否定する権限は全くない

このブログで言い続けているのは
知識があるとか、ないとかではない
どう感じてどう楽しんだかであります

楽しいならそれでいいのです

ぜひその世界で楽しんでください

もし、嫌でなかったらその楽しい世界をこのブログの読者にもわかってもらおうとしていいのです
ご希望があれば協力いたします
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

mottoiikotogaokiru

Author:mottoiikotogaokiru
FC2ブログへようこそ!

line
カテゴリ
line
最新記事
line
コメント
line
月別アーカイブ
line
有難う御座います
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。